MockCat

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕暮れ時の西空のトーンマッピング  Luminance HDR

<<   作成日時 : 2017/11/26 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここは以前、結構いい感じの雲の写真が撮れた場所。久しぶりにカメラを構えてみたら、次々にいい感じに雲が変化していった。

画像
 mantiuk06_sat2_cb20_1920_GM50_fattal_a2b0.3_sat0.5_nr0.1_gam0.8_gry30_wvs0.5_1280

画像
 mantiuk06_sat2_gam0.8_1920_HL70_fattal_a2b0.3_sat0.5_nr0.1_gam0.8_gry30_wvs0.5_1280

画像
 mantiuk06_sat2_cb20_1920_GM50_fattal_a2b0.3_sat0.5_nr0.1_gam0.8_gry30_wvs0.5_1280

画像
 mantiuk06_sat2_gam0.9_1920_OL70_fattal_a2b0.3_sat0.5_nr0.1_gry30_wvs0.4_1280

画像
 mantiuk06_sat2_cb20_1920_GM50_fattal_a2b.3_sat0.5_nr0.1_gam0.8_gry30_wvs0.5_1280

1、3、5枚目はGIMPで上のレイヤーのFattalを微粒結合・不透明度50%、2枚目はハードライト70%、4枚目はオーバーレイ70%にしてみた。
(全てLuminance HDR 2.3.1を使用。なぜか2.4.0から2.5.1までカラーの横線が不定期に入ったりして使えないため)

7年前にHDRを始めた頃、ブラケット撮影機能のないコンデジを使って手動でブラケット撮影してトーンマッピングした画像がこちら。
画像
 fattal_a1.5b0.6_sat0.8_nr0.05_Cb_50_Gam_0.9_Cw_210
当時Luminance HDR 2.0.0を使用して、Fattalをちょっといじっただけもの。手動ブラケットなんで雲がかなり流れてしまってるけど、この雰囲気が大好きだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夕暮れ時の西空のトーンマッピング  Luminance HDR MockCat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる